爪もみ ストレス解消

ストレス解消と健康管理

ストレス解消と健康管理 top > 爪もみでストレス解消

*爪もみでストレス解消!*

 爪の生え際を刺激することで、ストレス解消につながり、内蔵機能の働きを高めてくれます。 瓜もみは、手軽に副交感押経刺激ができる家庭療法としてお勧めです。手の指先には神経が集中しており、親指、人差し指、中指、小指の瓜の生え際を、押しもみすることで、効果的に自律神経を刺激することができます。

 手の指は内臓の働きと密接にかかわっているようです。 親指は肺などの呼吸器、人差し指は胃腸などの消化器、小指は心臓や腎臓など、循環器の働きを高めることが期待できます。 中指の効果は具体的にはわかっていません。

爪もみでストレス解消

爪もみ ストレス解消爪もみの指
 刺激を与える指は、両手の親指、人差し指、中指、小指です。これらの指の瓜の生え際をもむと、交感押経の過度な緊張がおさえられて顆粒球の減小とともに副交感神経が優位となり、血液循環が促進されます。

 薬指への刺激は交感押経の緊張を招きやすいので、通常は行わないでください。

爪もみ ストレス解消爪もみの場所
  瓜の生え際の角です。おおよそ瓜の生え際であれば良いようです。

《爪もみをストレス解消の健康習慣に・・・・》
 ストレスが多いと交感神経に傾きやすい状況です。 
 病気は、交感神経緊張による血流障害などの原因が多いことが言われています。 爪もみは、交感神経の緊張をおさえてくれます。

 薬指を除いてどの指も刺激していいのですが、たとえば胃の病気や調子の悪い方であれば人差し指を、肝臓の調子が気になる方なら親指を、念入りにもむようにすると良いようです。

爪もみでストレス解消

爪もみ ストレス解消爪もみのもみ方
 瓜の生え際の角は、指の両側にあります。覚えやすいように、親指の外側から1・2(親指)、3・4(人差し指)、5・6〔中指)、7・8(薬指)、9・10(小指)と番号をつけると分かりやすいです。

 爪もみで刺激する際には、一方の手の親指と人差し指で、もう一方の手の瓜の生え際を両側からはさむようにしてつまみ、そのまま押しもみします。

 他の指と一緒にもんでください。 たとえば親指なら1・2を同時に10砂ずつ押しもみます。 念入りにもむ指は、20抄くらい刺激します。

 一回に、両手の親指、人差し指、中指、小指を刺激し、これを一日に1~3回行い、子供も大人と同様に行ってかまいません。

爪もみ ストレス解消刺激の強さ
 爪もみで指を刺激するときは、瓜の生え際にやや痛みを感じるくらいに押しもみます。 軽い刺激では効果がないので、痛いと感じる程度が適しています。

 瓜もみは、自律神経のバランスを調整する効果に優れた健康法です。 やり方もたいへん簡単で、病気の予防やご家族の健康増進・ストレス解消にも役立ちます。 お風呂に入っているとき、寝る前など、行う時間を決めておき、忘れずに続けるようにしましょう。

爪もみでストレス解消爪もみでストレス解消

爪もみでストレス解消 page top > ストレス解消と健康管理 top

青い空と緑の大地で
ストレス解消


ストレス症状
体のメカニズム
ストレス解消の生活習慣
ストレス解消のすすめ
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C)  ストレス解消と健康管理  All Right Reserved