ストレス解消とたばこ

ストレス解消と健康管理

ストレス解消と健康管理 top > ストレス解消とたばこ

*ストレス解消とたばこ!*

 ストレス解消にたばこを吸われる方も多いと思いますが、たばこの害は甚大です。 もし、たばこを吸っているなら今すぐやめることをおすすめします。 吸わないときのイライラはストレスによるものではなく、ニコチンの禁断症状によるものです。

 WHO(世界保健機構)は、禁煙によって減らすことのできる死亡者数は全世界で約500万人と推定しています。 日本でも約10万人が助かるとされ、この数は交通事故死の約10倍に当たる数字です。 こうなると禁煙はアンチエイジングのみならず、健康に生きながらえるために欠かせない条件といえます。

ストレス解消とたばこたばこの害
 たばこはさまざまな害がありますが、最も有名なものは発がんです。
 ニコチンやタールなどの有害物質が肺にダメージを与えるため、長期間喫煙を続けると、肺がん、舌がんなどが引き起こされます。ストレス解消とたばこ

 最近の調査によると、たばこを常用する人は、非喫煙者に比べて2型糖尿病になるリスクが44%高まるという調査報告が医学雑誌に発表されました。 2型糖尿病は多くの場合、肥満や不健康な食生活、運動不足による、いわいる生活習慣が原因とされますが、ヘビースモーカー(1日に最低20本たばこを吸う)の2型糖尿病になるリスクはさらに高く、非喫煙者に比べると、糖尿病になるリスクは61%も高いということです。

 朗報なのは、禁煙をすることで糖尿病のリスクは軽減されます。病気の原因だけでなく、美容に与える影響も大きくたばこを吸うと血圧や心拍数が上昇したり、気管支が収縮したりと、体は一種の緊張状態になり、末梢血管も収縮するので皮膚の温度が2~3度低下し、肌へも悪影響を及ぼします。 シミ、くすみ小じわ、潤いの喪失などもたばが原因といわれています。

 近年は女性の喫煙率が上がっているようですが、化粧品メーカなどの調べによると、喫煙する女性はたばこをすわない女性よりも、5歳以上も肌年齢が高いということです。

ストレス解消とたばこ

ストレス解消とたばこたばこを吸う理由
 たばこを吸う理由の一つにストレス解消が挙がりますが、吸わないときのイライラはストレスによるものではなく、ニコチンの禁断症状によるものです。 喫煙以外の方法で立ち向かったほうが、はるかに健康的で効果が期待できます。 さらに問題なのは、吸っている本人だけでなく、周囲にいる人たちにも同じように害を蒙ることになります。

 アメリカなどでは受動喫煙による健康被害で訴えられるケースもありますので、ご自身はもちろんご家族を始めとした周囲の人のことも考えると、是非禁煙を決意していただきたいものです。

 愛煙家にとってはたばこをやめることは並大抵のことではありませんが、ニコチンの禁断症状に立ち向かい、口寂しくてつい食べすぎると、その後は肥満との闘いが待っています。

 確実にいえることは、たばこをやめれば確実に若返るということです。 助けてくれる医療機関や専門家は沢山いるので是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 たばこを吸ってしまった、他人のたばこの煙をすってしまったら、ベーターカロテンやビタミンCを補いましょう。 ベータカロテンは、たばこのの煙で傷ついた肺の粘膜をある程度修復する働きががあります。 あくまでも禁煙が第一です。ストレス解消とたばこ

ストレス解消とたばこたばこを吸うと体の中では
 たばこを吸うと、ねばねばしたヤニが連想されますが、ヤニつまりタールは、肺に吸着するので喫煙期間が長ければ長いほどその人の肺は真っ黒になっています。

 タールが肺につくと白血球(マクロファージ)が異物を除去しにかかります。 そのときに噴射するのが活性酸素のスーパーオキシドです。

 この、ねばついたタールは簡単には溶けません、そのため多量の活性酸素・スーパーオキシドが必要になります。 1本のタバコをを吸っただけで百兆個のスーパーオキシドが噴射されるともいわれます。

 また、たばこの煙には一酸化窒素が含まれて窒素化合物はポピュラーなスーパーオキシドを最強のヒドロキシラジカルに変えてしまいます。 もともと肺は外気を吸って酸素を取り入れる器官ですので空気中の病原菌や有毒物質の進入のために白血球が待ち構えているのです。 大量の活性酸素によって、肺の粘膜が傷つけられるのです。

ストレス解消とたばこ

ストレス解消とたばこたばこから放射性物質
 ばこには、微量の放射性元素ポロニウム210が含まれている。喫煙によって肺に取り込まれているのです。

 米国だけで推定年間数千人がポロニウム210のせいで死亡している。米国のたばこ会社は、たばこに含まれるポロニウムが含まれていること半世紀前から知っていて、ポロニウム濃度を減らす対策まで考案しながら秘密にすることにしていたしうです。ストレス解消とたばこ

 2009年、家庭の喫煙予防とたばこ規制法の法律によって、米食品医薬品局(FDA)ポロニウムを規制できるようになったとしている。特定の時期に高水準の被爆をするのではなく、長期間にわたり少量の放射線にさらされていることが危険をまねいていようです。

 生涯にわたる喫煙に伴う被爆によって発がんリスクが生じるということです。 たばこの煙の成分には強力な発がん物質、主要なものは多環芳香族炭化水素とニトロソアミンが含まれています。

 放射線被爆がもたらすリスクに関する予測によれば、控えめに見ても、たばこによって誘発された肺がんの2%はホロニウム210が原因だろうといわれ、米国だけでも年間で数千人の死亡者に相当するとのことです。

ストレス解消とたばこ page top > ストレス解消と健康管理 top

青い空と緑の大地で
ストレス解消


ストレス症状
体のメカニズム
ストレス解消の生活習慣
ストレス解消のすすめ
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C)  ストレス解消と健康管理  All Right Reserved