クラッシック音楽とモーツァルトの音楽

ストレス解消と健康管理

ストレス解消と健康管理 top > クラッシック音楽とモーツァルト

*クラッシック音楽とモーツァルトの勧め!*

 クラッシック音楽のジャンルの中でもモーツァルトの音楽は、、副交感神経を効果的に刺激し、交感神経優位の状態を改善してくれるようです。 また、モーツァルトの音楽を初めとするクラッシック音楽は、免疫細胞のリンパ球を増やすなど免疫力の強化、精神的な不安の軽減、痛みの緩和に良い働きがあるようです。 そういことがストレス解消にも大変よいのでしょう。
家畜にもモーツァルトを聞かせている酪農家もあるとか。・・・クラッシック音楽とモーツアルト

モーツァルトの音楽 クラッシック音楽モーツァルトの音楽を聴くとなぜ癒されるのでしょうか?
 ジャンルを問わず好きな音楽を聴くと心身が癒されることは誰でも経験していると思います。 クラッシック音楽の中でもモーツァルトの音楽は癒し効果が特に優れているといわれています。

 その理由は、人の健康を支えている生体機能に刺激を与える高周波を豊富に含んでいるので、この高周波音はせき髄から脳にかけての神経系を効果的に刺激し、その結果健康を支えている生体機能に良い影響を及ぼすのです。

 そして、自然の音と同じ一定のリズムを保ちながら変化のある音のゆらぎに満ちているということです。 波の音、ことりのさえずりや虫の音、小川のせせらぎのような自然の音には、ここちよさを生み出すゆらぎが含まれています。

 モーツァルトの曲には、ヴァイオリンが奏でるビブラートや音が震える部分など、1/f ゆらぎと呼ばれています。 人間の生体リズムも1/f ゆらぎになっているため、1/fゆらぎを感知すると生体リズムと共鳴し、自律神経が整えられるということです。

 高いリラックス効果のあるモーツァルトの楽曲は、聴いているだけで心が落ち着いたり、ストレスが解消されたりと、私たちの心と体を元気にさせてくれるのです。

 また、ストレスがかかると、対抗するためにコルチゾールというホルモンが分泌されます。 闘争本能がむき出しなったときもコルチゾールが多くなっているそうです。 体が臨戦態勢になっている状態です。

 モーツァルトの音楽を聞く前と後では、聞いた後の方がコルチゾールのホルモン量が少ないことが確かめられています。 そんな点からもストレス解消に良いといえるでしょう。 モーツァルトが美しい音を求めたことは、自分自身の脳の中で快感物質を増加させるためでもあったようです。その音は楽譜の中に記録され人々の感動を与える快感物質になったようです。

クラッシック音楽とモーツアルト

モーツァルトの音楽 クラッシック音楽音楽だけでなくスポーツなども、ドーパミンの合成を高めるようです。
 脳内のドーパミンは、快感物質で沢山分泌されるほど気持ちが良くなることが知られています。 脳が創造性を発揮することにもドーパミンが関わっていると考えられています。 こころが嬉しい楽しいと感じる生きていく喜びや意欲の源です。 ドーパミンは脳から、嬉しい楽しい気持ちを呼び出しやすらぎを与える物質です。

 スポーツ選手が苦痛を乗り越えた後に来る爽快な気分が病みつきになり、それをもとめて苦しいスポーツにのめりこむことは良く知られています。 音楽にも同様の効果があるようです。 モーツァルトも無意識のうちに音楽活動を通じ爽快感を体感し、心地よい音を求め、楽譜の中に脳機能活性化させる信号を埋め込んだのでしょうか。

 効果的なクラッシック音楽の聴き方は、耳からの情報に集中できるように、部屋を薄暗くし目をつぶり、大き目のヘッドフォンで聞きながら、1回30分ぐらいを目安に聞くとよいでしょう。 加えて、アロマテラピーやお香で嗅覚にも刺激を与え、始める前にコップ一杯の水を飲むと血液の流れもよくなります。

 聞くという感覚以外でも、毎日の暮らしの中で、あなたはどのくらい五感を使って生活しているでしょうか。
 五感とは、視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚をいいます。 この五感は、動物が生きていくために外的から身を守るため備わっているものです。

 しかし、快適なはずの現代社会は、五感が鈍るような生活環境になっています。 五感を刺激することで自律神経の働きも良くなります。 また、泣いたり笑ったり、感動したりするとで免疫や代謝も活発になります。

クラッシック音楽とモーツアルトクラッシック音楽とモーツアルト

モーツァルトの音楽 クラッシック音楽視覚(目で)
 パソコンや携帯電話の普及により、近くをみることが多くなっています。 姿勢をよくして遠くをみるようにしましょう。 遠くを見る訓練で、刺激しましょう。

 視覚についても、ろうそくの灯火にも1/f ゆらぎがあることが分かっています。
 また、蛍の光にの明減にも1/f ゆらぎがあり、そのような光を見ると心地よく癒されるようです。

モーツァルトの音楽 クラッシック音楽聴覚(音楽で)を使う
 自然の中で鳥の声や川のせせらぎなどに癒された経験は、どなたでもあると思います。 自然の音に敏感になれば聴覚の刺激になります。

モーツァルトの音楽 クラッシック音楽モーツァルトのほかにも、リラックス効果のあるクラッシック音楽
    ◇ビバルディー: 四季
    ◇モーツァルト: アイネ・クライネ・ナハトムジーク
    ◇モーツァルト: 劇場支配人
    ◇ショパン: 雨だれ
    ◇ヨハン・シュトラウス: ウインナ・ワルツ

クラシック音楽の勧め page top > ストレス解消と健康管理 top

青い空と緑の大地で
ストレス解消


ストレス症状
体のメカニズム
ストレス解消の生活習慣
ストレス解消のすすめ
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C)  ストレス解消と健康管理  All Right Reserved