胃腸の病気 ライフスタイル

ストレス解消と健康管理

ストレス解消と健康管理 top > 胃腸の病気とライフスタイル

*胃腸の病気とライフスタイル!*

 胃腸の病気とライフスタイルの関係に表れています。 どのようなライフスタイルが胃腸に負担をかけ病気になるのでしょうか? 多忙、ストレスが多い、心身の疲労が蓄積する生活といえるでしょう。

胃腸の病気 ライフスタイルストレスが胃腸に悪影響を与えています。
 この現象を見れば明らかです。 ある人は、精神的ストレスにより下痢をする、便秘になるなど、仕事で難しい問題を抱えていて、便秘が続いていたけれども、問題解決後、気持ちのよいほどたくさんの便が出た。 月曜日の朝だけ、何度も急激な便意をもよおし、出勤途中にトイレに駆け込むというサラリーマンなどの実例があります。  腸年齢チェックは何歳?をおすすめします、腸内環境を確認してください。

胃腸の病気 ライフスタイル昼食に関しても
 日本のビジネス社会ではゆっくりと余裕をもって昼食をとる習慣はありません。 夜遅くに食事を取ることも、胃腸に負担をかける原因になります。 自然のリズムがらはずれたライフスタイルで、食事を取ってから、就寝するまでの時間も短くなってきます。

 食事をとってから3時間は、胃の中に食べたものが溜まっています。 胃は食べ物を消化して、小腸に送っているわけですが、就寝すると胃の消化力が低下します。 深夜に食事をすると、翌朝、食欲がなかったり、吐き気をもよすのも胃が疲れているためです。

 疲れたら、たっぷりと栄養補給をしなければならないとき、よる遅い食事は高カロリーの脂っぽい食事をといると、胃腸を痛めつけ、疲労を増す原因になってしまいます。 食事もお酒もストレス解消をしてくれる強い見方ですが、乱れた食習慣や飲酒習慣が、胃腸に負担をかけるライフスタイルは考えもの。 不必要に高たん白や高脂肪の食事になりがちな食事は、胃腸に負担をかけることにつながります。

胃腸の病気 ライフスタイル腸の働きが停滞すると
 腸の働きが停滞することで、便秘や肌荒れ、体臭、お腹の張りなどの問題がおっこってきます。 お腹の張りが脳に伝わり気分がうつぎみになったり、終始お腹を気にするようになります。 腸に老廃物が滞ってインドールやスカトール、アンモニアなどの有害物質あ発生して、血液を介して、全身をめぐっていきます。
 頭痛や肩こり、疲れやすさだるさ、体臭、肌荒れなどのさまざまな症状の原因となっています。 腸が長い期間に有害物物質にさらされると、大腸がんの原因になってしまいます。

ライフスタイルと胃腸の病気

胃腸の病気 ライフスタイル現代は、大ストレス社会
 胃腸は心理的影響を受けやすくストレスなどでどこかに不調が出ると、胃腸の役割である胃腸の消化吸収・排泄の調子が悪くなることがあります。 会社や人付き合いのストレスなどから、急に胃が痛くなった、出勤前に朝から何度も便意をもようおすなどの経験者が多いのではないでしょうか。 これらの症状は、生活の乱れなどでも生じますが、心身のストレスが最大の要因と考えられます。 

  胃腸の役割は、食べ物を消化して、栄養素を吸収して、不要なものを排泄することです。エネルギーを造るうえで大切な活動です、胃腸は体の重要な部分といえます。

  胃はとてもデリケート、 ストレスやライフスタイルの影響を受けるとすぐに症状が現れます。 疲れると食べ物を十分消化できないまま、腸へ送り出してしまうことがあり、消化活動を休み、その代わりに腸に働いてもらう場合もあります。 腸は胃ほど強い消化能力はありませんが、その長さを生かし繊維質などの分解しにくい物質をゆっくりと時間をかけて消化し、腸壁から栄養分を吸収します。

 乳酸菌や大腸菌などの常在菌も豊富で消化や排泄の手助けをしています。 この消化や排泄の機能が壊れ、消化管運動の異常、消化管知覚過敏、などの機能異常が起こると脳での不快な経験として知覚(感知)され、脳での不快が、消化機能の異常を悪化させる悪循環が起こるのです。 胃の不調は腸の不調となるのです。 みぞおちの痛みや食後膨満感、吐き気や嘔吐、食欲不振、胸焼け、肋骨の下の痛みなどの症状も現れます。

胃腸の病気 ライフスタイル脳の不調は胃腸に伝わる
 日ごろのライフスタイルで、脳のストレスの影響をもっとも受けやすい器官は胃腸といわれています。 心身のストレスが原因となって、さまざまな胃腸の疾患を発症してしまいます。 脳と胃腸は、自律神経によってつながっています。 自律神経は内臓や血管などに分布して、消化や呼吸、血液の循環や代謝などの働きを調整するなど、自分でコントロールできない神経です。 

 自律神経は、交感神経と副交感神経という相反する働きをする2つの神経からなり、交感神経は各器官を活発にし主に昼間に作用します。副交感神経は、消耗したエネルギーを回復させ、栄養補給するときに働き、主に夜間に作用します。

胃腸の病気 ライフスタイル自律神経は脳の視床下部が司どっているために
 ストレスを受けると脳の理性を司る大脳皮質と本能に忠実な大脳辺緑系との間に不一致がおこります。 その結果、大脳辺緑系が大脳皮質に押さえ込まれ、我慢を強いられるときに、ストレス状態になるのです。

 ストレスは視床下部に影響を与えるため、自律神経の働きが乱れます。 ストレスによって交感神経の働きが強くなると、胃腸の働きが低下してしまいます。 脳がストレスを感じると刺激を胃腸に伝えるため腸が機能異常起こしてしてしまいます。交感神経から副交感神経へと切り替えること、リラックスすることが大切です。

ライフスタイルと胃腸の病気 胃腸の病気とライフスタイル page top > ストレス解消と健康管理 top

青い空と緑の大地で
ストレス解消


ストレス症状
体のメカニズム
ストレス解消の生活習慣
ストレス解消のすすめ

 
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C)  ストレス解消と健康管理  All Right Reserved