ストレス解消 健康管理

  • ストレス解消健康管理はこころと体、遺伝子まで! ストレスからの救いは感謝の原理にと、セリエ博士!

ストレス解消と私の健康管理はこころと体

ストレス解消 健康管理ストレス解消健康管理の生活習慣から
 ストレス解消は人それぞれ!?  ストレス解消は、ストレスをポジティブにとらえることなのです。 ストレス解消には、散歩や軽い運動・アロマや入浴など、プラス思考で過ごし良い遺伝子のスイッチをオンにするなど、思考の転換でストレスをポジティブにとらえ、ストレス解消の生活習慣が健康管理につながります。ストレス解消 健康管理

ストレス解消 健康管理ストレス解消は、ポジティブ思考で健康管理
 ストレスをポジティブにとらえるかネガティブにとらえるかで、大きな違いが出ることがわかってきました。

 ストレスをポジティブにとらえることで、体の仕組みによるストレスホルモンの分泌が変わり、脳の神経細胞まで繋ぎ替えがおきるなどの良い影響が現れます。  ストレスが害であるというネガティブ思考が、健康を損なうのです。ストレス解消 健康管理

ストレス解消と健康管理ストレス解消は呼吸数をコントロールして健康管理
 ストレス反応は、多少の不安があっても興奮し力が沸き、やる気や自信が溢れる、集中力が高まるなど、パフォーマンスを発揮する働きがあります。 ストレスを成功や成長を妨げるなど、ネガティブにとらえてしまい、実力を発揮することができません。

ストレス解消 健康管理ストレスを感じると、体内では生体の恒常性が失われる
 脳の扁桃体がストレスを感じることで、不安や怒り、恐怖などの感情が生れます。 ネガティブなストレスの長期化は、こころや体に支障をきたし、心身症やうつなどの引きがねになってしまいます。

 扁桃体の過重なストレスを抑える働きが、脳の呼吸中枢にあるのです。 意識的にストレスを抑える方法、つまり、呼吸数をコントロールすることで、呼吸中枢が扁桃体に作用して、無駄なストレスを感じないようにする働きがあるのです。

チャレンジ精神でストレス解消!
 プラス思考という言葉には、前向きに生きる、意欲や理想を持ち続ける、喜んで感動することが大切だ、という意味が込められています。 感動することで脳が喜び若返るのです。 こころの持ち方「プラス発想と遺伝子」が、あなたの未来を大きく変えることでしょう。 前向きな感情などのこころの働きが、精神神経免疫系を向上させます。

ストレス反応には、体の仕組みでストレス解消!
 健康保持のメカニズムが自律神経とホルモン・免疫系 の体制を整えますが、長期化することで、こころと体も疲れきってしまいます。  免疫の働きに重要な臓器、 胸腺を助けるパントテン酸や、ビタミンの過剰消費を補うことが必要です。 ときには、高麗人参などの抵抗力を補う食品をとることも効果的です。

ネガティブなストレスは、精神疲労や老化が促進します。
 東洋医学には未病という言葉がありますが、病気が症状として出る前に軌道修正することです。 この軌道修正が健康管理といえるでしょう。

 ネガティブな不健全な思い込みや、感情などのこころの持ち方が、免疫細胞に大きく影響することは明らかです。 p53遺伝子(生命活動が正常 に維持できるようコントロールする)などの働きを発揮させる、こころのケアが必要です。

 ストレス学説のハンス・セリエ博士の語られたストレスからの救いは、東洋の感謝の原理にあると、感謝のこころやプラス思考が、あなた自身の防衛力の源です。  こころの持ち方や生活習慣を見直すことが必要です。

 ハーバード大学では、学生に毎日瞑想をさせたところ、8週目にして寿命の回数券とか老化時計などと呼ばれる、テロメアの活性が見られた検証がありました。

「人間万事塞翁が馬」という故事をおすすめしま す。
 福と思われる出来事が災いを呼び、災いと思われる出来事が福を呼ぶこともあるということです。

 人間にとって何が幸いで何が災いなのか、表面的な現象だけでは分からない、という意味です。 病気をして健康のありがたさに気づくように、そのときは不幸だと思った出来事も、次の大きな幸せのステップになっているものです。 人生の全ての現象は、魂を成長させるための教材だ! と、ストレス解消と健康管理に役立ててはいかがでしょうか。

 昔から、「病は気から」といいますが、こころの持ち方一つで体にも大きく影響が現われるものです。 こころの持ち方や感謝の気持ちか、ストレス解消と健康管理におすすめです。